引っ越しの挨拶とは

ご夫婦などなら新居を構えたなどといったタイミングで引っ越ししてきた場合、必ず近隣へは「引っ越しの挨拶」を行うはずでしょう。これは引っ越しした先のご近所さんに顔を覚えてもらい、その後も円滑なお付き合いができるようにするためですね。しかし若いかたの一人暮らしなどの場合、引っ越しの挨拶の必要性すら認識していない、行く意味がよく分からない、と考えている場合もあるよう。
ここでは引っ越しの挨拶についてその基本を理解し、適切に行って上手に行ってよい人間関係を築けるようにアドバイスします。
ご近所の人間関係が希薄になったとはいえ、近くにどなたかが引っ越してきた際、挨拶にきたら住民のかたはどのように感じるものなのでしょうか。やはり挨拶に見えて、否定的に感じるかたはほとんどおらず、礼儀正しい、きちんとしたかたが来て安心、と感じるかたがほとんどです。
とくにマンションなどの集合住宅の場合は、上下左右の住民と共存しているような状態ですので、誰が住んでいるのかわからない、というより、きちんと挨拶をして礼節をわきまえてくれたほうがよいと皆感じているんですね。また集合住宅の場合、足音やテレビなど生活に関する音を発するものですので、それらに関する感じ方も、きちんと挨拶を行ったかどうかで許容範囲に変化も出てくるものなのです。
そういったことも含めて引っ越しの挨拶はきちんと行っておくに越したことはないということ。
ここでは挨拶の時期や範囲、挨拶の品について解説します。

<管理人注目サイト>
引っ越し業者に一括で見積もり依頼が出来る便利なサイトです ⇒⇒ 引っ越し 見積もり

Copyright © 2014 引っ越しの挨拶って? All Rights Reserved.